アキ・ラの地雷博物館へようこそ
館内の様子をご案内します

皆さん、つい最近まで続いていたカンボジアの内戦を知って
いますか?地雷や不発弾を見たことがありますか?    
<アキラの地雷博物館>は、たくさんの人にカンボジアの 
地雷問題について理解してほしいという思いでつくられまし
た。館長はアキー・ラー、通称アキラです。       
アキラはポル・ポト時代に両親を亡くしました。少年時代、
アキラは兵士として働き、戦場に地雷を埋めるという経験も
してきました。今、内戦がようやく終わりカンボジアにも 
平穏な日々が訪れました。しかし無数に埋められた地雷の被
害は後を絶ちません。現在アキラは、シェムリアップで唯一
のボランティアのディマイナー(地雷除去屋)として活動し
ています。畑を耕している時に不発弾や地雷を見つけると、
村人はすぐにアキラを呼び撤去してもらうのです。アキラは
「今まで地雷を埋めてきたこのと償い」
「農業国であるカンボジアに地雷があっては村人が困る」
という気持ちから、どんな遠くでも除去作業に出かけ、そし
て村人からお金を取ることもしてません。        
この博物館に展示してある地雷、兵器の数々は、全てアキラ
が収集し、完全な安全処理を施したものです。地雷の種類や
処理方法についても、日本語・英語でご説明いたします。 
また、この博物館は政府や他機関からの援助も一切うけてい
ません。皆様のご理解とご支援をお待ちしています。 

<これは物販コーナー等に置いてある各国語に訳されたものです>  

 

 

presented by.Peace cafe ©2002 all copy rights reserved by.ikemi
http://peace.s9.xrea.com